###_DCMS_PAGE_NAME_### |工作機械・産業機械・ケミカル事業 創業百年の進化は日本産業の歴史 レイボルド株式会社

03-3272-1861

メディア

TOP > メディア > 逆洗の仕組みと自動逆洗フィルター

逆洗の仕組みと自動逆洗フィルター

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ろ過とは

「ろ過」とは、粒子の混ざった液体(または気体)を多数の粒子よりも小さな孔を持つ「ろ材」を通すことで、粒子とろ材を通過した「ろ液」を分離することをいいます。


ろ過は、上流から下流へと一方方向に流れ続けることで粒子とろ液を分離します。しかしながら、キッチンやバスルームの排水溝が日に日に詰まっていくように、ろ過を続けると粒子がろ材に詰まります。ろ過を続けるためには排水溝を掃除するように、ろ材を洗浄、交換する必要があります。

 

逆洗とは

ろ材の洗浄、交換以外にも、ろ材を元に戻す方法があります。それが逆洗です。逆洗とは、上流から下流への流れを一時的に下流側から上流側に流すことで、ろ材に溜まった汚れを洗浄することを言います。

逆洗時に流路を変えて汚れを含んだ液体を捨て去り、逆洗完了後に流路を戻してやることで、ろ材は常に清浄な状態が保たれます。

 

こんなときに逆洗が有効です

キッチンやバスルームの排水溝掃除は、詰まった汚れを取り除いたり、フィルターを交換するだけで解決しますが、大規模なろ過、特殊なろ過においては、物理的に汚れを取り除くことができない場合や、頻繁に交換するには高価過ぎるフィルターを使用していることがあります。

 

キッチンやバスルームの排水溝では、料理やシャワーを浴びるのを一旦止めて掃除することができます。しかしながら、工業用途のろ過においては、24時間連続してろ過し続けなければならない場合(連続ろ過)もあり、このような場合に逆洗を利用したフィルタリングが有効となります。

 

連続ろ過に対応した逆洗フィルターOptiFilシリーズ

Lenzing社のOptiFilシリーズは、独自の特許保有技術を用いた逆洗フィルターです。フィルター材に汚れが溜まり、ろ過圧力が高まると自動的に逆洗が開始され、常にろ材を清浄な状態に保ちます。逆洗は短時間で完了する上、逆洗中にもろ過を継続して行います。

OptiFilシリーズは、幅広い流体に適応可能であり、下記の流体を取り扱うことができます。

  • 酸、あく、溶剤、樹脂、塗料
  • プロセス水、河川水、海水、飲料水、脱塩水、冷却水、循環水、排水、地層水
  • ジュース、砂糖溶液、モラセス、スターチ
  • 鉱物油、潤滑油、合成潤滑油、油圧オイル、ギアオイル、冷却潤滑

これらの流体が取り扱われている次の産業においては、特にご使用を推奨いたします。

  • パルプ、製紙、繊維
  • 化学、電気、光起電技術
  • 金属加工、自動車(電食、表面加工、塗装コーティング)
  • 水処理、発電
  • 製糖
  • オイル、ガス

 

自動逆洗フィルターOptiFilの仕組み

OptiFilシリーズは、ろ過を行う通常運転時、ろ材の汚れを取る逆洗時に次のように動作します。

 

通常運転時

ろ過前の流体は、送りポンプで投入パイプを通じてに送り込まれます(P1圧力)。ろ過は、ろ材の上流(P1圧力)から下流(P2圧力)に流れる際に行われます。

この間にある有孔ドラム上設置されたフィルター材(ろ材)を通過したろ液は、排出パイプを通じて排出されます。フィルター材が汚れて目詰した際にはP1-P2間圧力が高まり、この差圧上昇が規定値に達すると逆洗動作を開始します。

OptiFil通常運転

 

逆洗運転時

汚れが規定値に達すると、フィルター材の表面全体を逆洗処理で洗浄します。逆洗装置が1回転(360°)することで表面の汚れを落とします。逆洗中は、通常運転でろ過したろ液が逆流します。

このろ液はろ過するにあたってムダになりますが、必要最低限な量のろ液で逆洗を行うことができます。

逆洗装置は表面全体を洗浄した後、再度差圧が規定値に達するまでの間待機します。


OptiFil逆洗運転


自動逆洗フィルターOptiFilシリーズの各仕様は、こちらより

また、製糖業への適用例はこちらより
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ